沢本美絵

 

【Q1】完成を試写で観て、いかがでしたか?


やっぱり景色が綺麗なところで撮ると、説得力が出るんだなと。絵力というか、自然の中で撮るとそれだけで説得力があるからそれが一番ドンってくると思いました。

ロケ地にいるからこそ湧き出てくる感情も絶対に芝居にプラスされていますしね。

Kの方も画面から温度なり空気が感じられますよね、冷たいと言うかクールで海とはまた全然違う。



【Q2】個人的に印象に残ってる(好きな)シーンを教えてください。


砂浜での取っ組み合いシーンは印象に残ってます。女同士のあんな取っ組み合いリアルでもやった事ないし(笑)

Kの方では、殺されるっていうシーンが初めてで。

出来上がりを見て殺され方ももっと研究すれば良かったと反省したけど、どちらも個人的に刺激的なシーンでした。



【Q3】役作りで意識したとこなどはありますか?


綾って台本の時点でわかりやすく高飛車なのが描かれていたから、キャラクター作り自体にはあまり苦労しなかった。

初めにすっと赤いワンピースだなって衣装のイメージが湧いて。

だから役作りの事で言えばなんで圭みたいな男の人を好きになったのかとか、どんな風に付き合ってたのかとか(9年も付き合ってるし!)、監督とも話したんだけど、どういう環境で育ってああいう女になったのかとか、バックグラウンドを想像するのが楽しかった。高飛車で見栄っ張りなんだけど、その奥にある葛藤や劣等感を考えながらやっていたのはあります。



【Q4】ロケ中のエピソードを聞かせてください。


暑かった!(笑)

頭のてっぺんから足の裏まで暑かったですね。

あとは時間がなさ過ぎて、時間が欲しかったですね。真夏の無人島のような場所で、日除け出来るような場所もどこにもなくてさらにほぼ休憩もなく、肉体的にも精神的にもくる過酷さを味わいました。今思うとあの少ない人数と時間でよくこの設定の撮影が出来たなって思います。

本当みんな頑張った。

2日間のロケ帰りにみんなで夕御飯食べたんだけど、食欲なくてかけうどん頼んで、、、

でもうどん吸う力すらなくて一本ずつ食べてました、、。結局、全然のどを通らず殆ど上島君が食べてくれましたね(笑)

そして家に帰ってから熱中症になってました(笑)



【Q5】せっかくなので、another meと6FACEのエピソードも聞きたいです。


another meは、最初だったしジキルとハイドっていう、両極端に違うっていうのだけを意識して、ただ自分のやってみたいキャラクターを思いっきりやってみたって感じです。


6FACEは、【LOVE】の方はまさか男役やると思ってなくて。あと意外と男装が違和感なかったっていう(笑)

でも男性を演じるっていうのは本当に難しいですね。煙草を咥えるとか、指一本の動きが骨格から何から違うわけだから難しすぎると思いました。

仕草ですね。指の先まで女というのが出ちゃうから。表情より指先とか脚の動きとかが出来上がりを見てやっぱり男性は難しいって思いました。まあ一応、小学校の演劇祭でのピーターパーン役以来の男役でしたが(笑)


【BORN】は実は私の祖母の家の庭で撮ったんですけど、そこで出来たのは個人的にはとっても嬉しかったです。結果、あの不思議な感じの仕上がりにもすごく合っていたし。

前日に長田ちゃんと前乗りして、あの広い空間でのびのび全力で稽古出来たのはめっちゃ良かったと思います!



【Q6】大月監督とやってみてどうでしたか?


5年以上前からお仕事でお世話になっていたんだけど、今回100%大月さんの世界観でやって、大月さんってこういう作風だったんだ!って初めて知りました。

6FACEは特に衝撃的でしたね、とにかくシュールで(笑)

そのあとに「次はどんな作品をやりたい?」って希望を聞いてくれて、「普通の日常、普通の設定のものがやりたい」って私は言ったんですけどやはり森とか無人島とかになって(笑)

でも、言えるのはこの台本はやっぱり大月監督じゃなかったら、こんなに美しく撮れないというのは確かです。撮り方の技術が本当に凄い。あのスケール感っていうのは、大月さんじゃ無いと出来ないと思います。

あと現場ではみんなのお父さんみたいで。

優しくて面倒見がよくて、お菓子をくれるお父さん(笑)



【Q7】観てくださる方々へメッセージをお願いします!


自主とは思えないほど絵力がすごい作品なので、出来る事なら大きな画面でお楽しみ頂けたら嬉しいです。

 

©2020 by イノセントバグズ